母子手帳もスマホで管理!母子手帳アプリ『母子モ』が大阪府守口市で提供を開始

母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が大阪府守口市にて本導入され、こそだてアプリ『MORIKKO(もりっこ)』として1月1日(月)より提供を開始しています。

地域全体で子育て世帯を支え子どもの成長を見守る施策が充実!

守口市では、妊娠26週から35週頃の妊婦やパートナーを対象におむつの当て方や抱っこの仕方、乳児のお風呂の入れ方の実習などを行う「プレパパプレママ教室(両親教室)」、「マタニティサロン」の開催や、産後の育児不安、体調不良など支援が必要な母親のために助産師などが出産後の育児や母親が休息をとるサポートを行う「産後ケア事業(宿泊型は出産後5カ月未満の母親及び乳児、訪問型は出産後1年未満の母親及び乳児が対象)」を実施しています。

また、市内で行われるイベントなどへ乳幼児を連れた保護者が安心して参加できるように、「移動式赤ちゃんの駅」として移動可能なテントや折り畳み式おむつ交換台を貸し出し、授乳やおむつ交換のスペースと利用できる場所を提供するなど、地域全体で子育て世帯を支援する施策が充実しています。

今回、市の取組みを子育て世帯にもっと便利に活用してもらうために、母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、さらに『母子モ』を通じてアプリからオンライン相談が可能となり、伴走型相談支援の充実を図ります。

地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

守口市に採用された、こそだてアプリ『MORIKKO(もりっこ)』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。

また、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、こども家庭庁の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えており、便利で安心・安全に出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

こそだてアプリ『MORIKKO(もりっこ)』の主な機能

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
●アプリを通じたオンライン相談

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

母子手帳もスマホで管理できる時代がやってきました! 母子手帳、記録していましたか? 母子手帳にまつわる思い出を、ぜひ教えてください。

みんなが 記事を読んで、
どんなことを考えたか知りたい方はこちら
※ログインが必要です

コメントを見る・読む

Myページの「ニュース部」からコメントを
閲覧・書き込みいただけます

ママカレキャンパスは、誰でも見られるオープンメディアです。 ニュースという形で、ママが必要とする情報をお届けします。

ログインしていただくと、ママ同士で盛り上がれる多彩なコミュニティに参加可能です。ぜひママカレに参加して、すべての機能をお楽しみください!

×