家族の健康を守る快適な家で人気の「ウェルネストホーム」による家づくり本『100年、暮らしを紡ぐ家』

「WELLNEST HOME(ウェルネストホーム)」は2012年に創業した名古屋に本社をもつ、性能が自慢の住宅会社。この本は、夏涼しくて、冬暖かい――、家族の健康を守る快適な暮らしをつくり、100年住み継ぐ家をつくるための家づくりの入門書です。

100年もつ健康的な家は、住む人にもとても快適!

家は、家族が安心して暮らすことができ、たくさんの大切な思い出が育まれる場所。
そのような住まいは、少しでも長く残したいとだれもが思うものです。

そのため、徹底して追及したのが、家の「長もち」。
長もちさせるためには、何より木を腐らせないことです。
その主な原因となる結露を防ぐためには、「気密」と「断熱」をしっかり施すことが重要です。

ウェルネストホームの家は地震に強く、躯体全体で温度と湿度をコントロールするため、「少ないエネルギー(省エネ)」「快適」な住空間を一年じゅう保ちます。(「はじめに」より)

「100年、住み継ぐ家」のポイントは「高気密」「高断熱」

人が過ごしやすいと感じるのは、温度25度前後、湿度50%前後の住空間といわれています。そのために、家そのものを外温度からの影響を受けにくいつくりにしておくことが重要です。
その1つめは「気密」、2つめは「断熱」です。気密性能と断熱性能がセットになれば、暑さや寒さをシャットアウトでき、一年じゅう心地よい住まいをつくることができます。

その快適さは、肌で感じる心地よさだけでなく、騒音や音漏れの心配のいらない「遮音」、暑さや寒さを気にせずにすむ「快眠」など、安心してストレスなく暮らすことができ、家族みんなに安全と健康をもたらします。(「はじめに」より)

100年、長もちする「ウェルネストホーム」の家の特徴とは

100年、長もちする「ウェルネストホーム」の家の特長は、次のようなことです。

◎温度と湿度が一定で、とても快適
◎夏涼しく、冬暖かい
◎静かで、落ち着く
◎家族の健康を守る
◎家事がラク
◎家計にやさしい

「家事がラク」のひとつは、掃除がラクなことです。温度・湿度が快適に保たれた住まいは、季節や天気に関係なく室内干しで乾くうえ、イヤな臭いがせず、花粉がつく心配もありません。また、結露による窓ふきもなく、水回りにカビやぬめり汚れが発生しにくいため、浴室の掃除もラクです。

また、「家計にやさしい」とは、ランニングコストが安いということです。
大きなランニングコストのひとつは、修繕費。高気密・高断熱の家は、壁のなかに余計な湿気ができず、家が傷みにくい構造になっています。また、漆喰や無垢の床材などの自然素材が使われた家は、経年変化がそのまま味わいになり、メンテナンスすればOKで、クロスやプリント合板のように劣化による全面張り替えなどは不要です。
もうひとつの大きなランニングコストは、光熱費。エネルギー価格が高騰しても、光熱費を抑えられる省エネな家を建てておけば、この先も安心して暮らせます。

親、子、孫へと3代、家族の思い出も住み継がれる

100年以上前に建てられた家が、あたりまえのようにあるヨーロッパ。ウェルネストホームも、2007年にドイツ・フライブルク市を訪問して、高気密・高断熱によるドイツの豊かな暮らしを目の当たりにしました。
彼らにとって、家は建て替えるものではなく、受け継ぐものです。家を受け継いだ子どもは、メンテナンスやリフォームの費用を負担や高額なローン返済のためにあくせく働く必要がありません。長もちする家は、あとに続く子どもや孫たちの豊かで、幸せな暮らしにつながるのです。
親、子、孫へ、3代以上にわたり、家族との思い出も日々、育まれていきます。

著者紹介
WELLNEST HOME(ウェルネストホーム)
「未来の子どもたちのために」という理念のもと、持続可能な社会の表現に向けて「長もち・省エネ・快適・健康」な戸建住宅や集合住宅を手がける、2012年に創業したハウスメーカー。高気密・高断熱な住宅の高性能を生かして、近年では賃貸住宅やホテル・店舗などの商業施設の設計・施工、住宅のリノベーション、さらに精巧な都市計画に基づいた街区の形成へ事業領域を拡大している。
https://wellnesthome.jp

■書誌情報


タイトル:100年、暮らしを紡ぐ家
著者:WELLNEST HOME(ウェルネストホーム)
定価:1760円(税込)
発売:2024年1月6日(土)
サイズ・ページ数:B5判・192ページ
ISBN:978-4-07-453954-3
出版社:主婦の友社
https://books.shufunotomo.co.jp/book/b10044731.html
電子書籍も同時発売。


あなたがいま住んでいる家・部屋を長もちさせるために心がけていることを教えてください。

みんなが 記事を読んで、
どんなことを考えたか知りたい方はこちら
※ログインが必要です

コメントを見る・読む

Myページの「ニュース部」からコメントを
閲覧・書き込みいただけます

ママカレキャンパスは、誰でも見られるオープンメディアです。 ニュースという形で、ママが必要とする情報をお届けします。

ログインしていただくと、ママ同士で盛り上がれる多彩なコミュニティに参加可能です。ぜひママカレに参加して、すべての機能をお楽しみください!

×