日本にいながらできる国際協力!「絵本を届ける運動」が25周年!

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会が1999年から開始した、本を知らないアジアの子どもたちのための「絵本を届ける運動」は、2024年に25周年を迎えます。そこで、「絵本を届ける運動」のこれまでのあゆみや活動の裏側、翻訳絵本を手にした子どもたちの声などをまとめた25周年特設サイトが公開されました。

「絵本を届ける運動」とは?

シャンティは厳しい環境で暮らす子どもたちにも、知らない世界を知るドキドキ、時間を忘れて夢中になる楽しさ、たくさんの物語や言葉を知る喜びに出会ってほしいと願い、1999年から絵本が不足している地域に日本から翻訳絵本を届けています。

25周年特設サイトオープン!

あゆみ
「絵本を届ける運動」は、最初「絵本1冊運動」でした。 1999年に「絵本を届ける運動」が始まるまでの経緯、国内で少しずつ広がっていった参加者の輪、そして国内外でどのように取り組みが広がっていったのか、特設サイトでは、これまでのあゆみを時系列で知ることができます。

届けた絵本
これまで届けた絵本のタイトルは約300。長年愛されている定番の絵本から、平和について考えられる本や数字などを学べる本までさまざまです。実施している活動内容や子どもたちの年齢、文化的背景などを鑑みて必要な絵本を、海外事務所の現地職員や絵本の専門家らと検討し毎年選んでいます。子どもたちの笑顔とその先に広がる未来を想像しながら選ばれた、絵本の一部を紹介します。

支える人たち

どんな絵本を届けるか選ぶ。翻訳絵本をつくる。つくった翻訳絵本を、活動地に届ける前に最終確認する。絵本を運ぶ。シャンティの活動地に絵本が届くまでのプロセスは、見えないところでさまざまな人が力を貸してくださっています。活動の裏側にある想いや、積み重ねてきた試行錯誤が見えてくるコラム集です。

子どもたちの声 

シャンティの活動地から届いた、絵本を手にした子どもたちの声を集めました。

企業ロゴ

「絵本を届ける運動」は、個人はもちろん、学校、企業や団体でも参加できる活動です。ご協力いただいている企業をご紹介しています。

特設サイト
https://sva.or.jp/ehon/

2024年受付開始!

2024年1月5日(金)より、2024年度の受付が開始されました。2024年は、18,649冊の絵本を集める予定。ご自宅や職場で、気軽に取り組める活動です。(参加費は1セット3,000円)

「絵本を届ける運動」に申し込むと、絵本のほか、「翻訳シール」や「あいうえお表」など、必要なものがまとまった制作セットがお手元に届きます。今回のリニューアルでは、この制作セットに「参加のしおり」を新たに追加し、「参加のしおり」はつくり方だけでなく、絵本を届ける先の言葉と暮らしを学ぶことができる内容になりました。

「参加のしおり」でさまざまな言葉と文化を一度に学べる

制作キット

(左から)絵本1冊 ※ ・参加のしおり・翻訳絵本のつくり方・あいうえお表・翻訳シール
※届く絵本は、お申し込み内容や時期によって異なります。

翻訳絵本を通して子どもたちは、厳しい環境に立ち向かうための生きる力を身につけ、未来を切り拓く力を育みます。

あなたの一番好きな絵本はなんですか? ぜひ教えてください!

みんなが 記事を読んで、
どんなことを考えたか知りたい方はこちら
※ログインが必要です

コメントを見る・読む

Myページの「ニュース部」からコメントを
閲覧・書き込みいただけます

ママカレキャンパスは、誰でも見られるオープンメディアです。 ニュースという形で、ママが必要とする情報をお届けします。

ログインしていただくと、ママ同士で盛り上がれる多彩なコミュニティに参加可能です。ぜひママカレに参加して、すべての機能をお楽しみください!

×