「調味料選手権2023」今年の “No.1調味料” が決定!

日本各地の調味料からナンバーワンを決める「調味料選手権」の発表会が10月29日、大阪・阪神梅田本店「食祭テラス」で開催されました。過去最高のエントリー211品の中から「第14回調味料選手権 2023」の総合第1位に決定したのは千葉県の「マッシュルームイチバン」。第2位は福島県の「松川浦かけるあおさ」、第3位は愛知県の「しょうが生ふりかけ」が選ばれました。

一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(所在地:東京都中央区、代表理事:福井栄治 以下当協会)は、調味料の魅力を社会に広めるイベント「第14回調味料選手権 2023」を開催しました。14回目を迎える今回は昨年に引き続き関西で開催し、全国各地から開催史上最多の211品の調味料がエントリーしました。調味料ソムリエら食の専門家による一次専門家食味審査会で選抜された50品が、阪神梅田本店で10月25日(水)~29日(土)正午まで開催された最終審査会に臨みました。会場では一般来場者による投票と、同時開催の販売会による販売数、10月20日に開催した一般審査会の得点に加え、一次専門家食味審査会での得点を加味した上で、総合1~3位を決定。また各部門最優秀賞(17部門)、地域の味ベスト賞、審査員特別賞、話題賞を決定しました。

最終審査の結果、『第14回調味料選手権 2023』総合第1位の栄冠には、 株式会社 風土食房「マッシュルームイチバン」に輝きました。

地域素材を活かした新しい‟食べる調味料”が上位を占める!

《 総合第1位 》「マッシュルームイチバン」/ 株式会社 風土食房(千葉県)
ご当地部門 W受賞

「マッシュルームイチバン」(110g)648円

千葉県産マッシュルームの素材のうまみと食感を楽しめるように、粗みじん切りとペーストの2種類をブレンド。新鮮なマッシュルームを醤油・バターなどで味付けした‟食べる調味料”。

1瓶に家庭用マッシュルーム約1パック分がたっぷり入って、コクとうまみが詰まったキノコ万能調味料。

おすすめの食べ方は、卵かけごはんやパスタ・バケット、マヨネーズやクリームチーズに混ぜてディップソース、ひき肉に混ぜてハンバーグ、お湯で薄めてスープなど。

■マッシュルーム も千葉県が生産量日本一

FM ラジオ局「bayfm」の「千葉のご当地調味料を作ろうプロジェクト」から生まれたご当地調味料。昨年の「調味料選手権2022」総合第2位になった「ネギイチバン」に 続き、地元のリスナーのアイデア・意見をもらいながら100 回近い試作を重ね完成した千葉愛が詰まった逸品。

《 総合第2位 》「松川浦かけるあおさ」/ 株式会社マルリフーズ(福島県)

「松川浦かけるあおさ」(90g)681円

福島県松川浦産乾燥あおさにこだわり、あおさの風味や食感をそのまま楽しめる万能調味料。フライドガーリック&オニオン、ゴマを加えたサクサクの食感が絶妙なバランスのあおさのオイル漬け。

冷奴、サラダにトッピング、ガーリックトーストやパスタに混ぜてペペ ロンチーノ風、卵かけごはん、餃子の皮にとろけるチーズと一緒にトースターで軽く炙るとおいしくなります。

■開発ストーリー

福島県の松川浦は東日本大震災以前は全国2位のあおさ生産量を誇る産地でした。しかしながら、津波で漁場や養殖網、舟まですべてなくなってしまいました。2018 年より養殖再開となりましたが、生産量は震災前の2割程度となっており漁師の高齢化や担い手不足も懸念材料です。そのため、全国の方に松川浦やあおさを知ってもらい、その様子を見て次世代の担い手が1人でも多く生まれることを期待して取り組んだ商品です。

《 総合第3位 》「しょうが生ふりかけ」/ エレクプラス株式会社(愛知県)
ごはんのおとも部門 W受賞

しょうが生ふりかけ(150g)648円

大人も子どもも食べられるしょうがのふりかけ。

国産しょうがを信州味噌と鰹節で味付け。シャキシャキ食感が心地良く、辛みを抑えて子どもでも楽しめる生ふりかけ。おすすめの食べ方は ごはんにのせたり卵かけごはんに。冷奴、麺類の薬味、豚のしょうが焼、サラダのトッピングなど、いろいろな物にかけて温活できます。

【 第14回調味料選手権2023概要 】

会場 :阪神梅田本店1階 食祭テラス(大阪市北区梅田1-13-13)
開催期間:2023年10月25日(水)~30日(月) 10:00~20:00
審査方法:①2023年10月20日(金)阪神梅田本店にて開催する一般食味審査会の得点
     ②会場投票による得点  ※10月29日(日)正午まで受付
     ③阪神梅田本店での販売実績(ECサイト販売含む) ※10月29日(日)正午まで受付
     ④一次審査の得点  ※上記①~④の合計により決定します
表彰内容:総合順位(1位~3位)、各部門賞、入賞などを決定
発  表:2023年10月29日(日)15:00から開催する結果発表会(食祭テラス特設ステージ)にて発表

■第14回 調味料選手権特設ページhttps://www.vege-fru.com/choumiryo/championship/2023/  

■『調味料選手権』について

調味料の魅力を社会に広め、調味料業界の活性化を目的として開催しているイベントです。全国各地の知る人ぞ知るご当地調味料やメーカー一押しの調味料を発掘し、社会にその存在を知ってもらうきっかけとなることを目的としています。受賞商品は前年比売上5~10倍になるなど大変反響のあるイベントです。184品がエントリーした2022年10月開催の「調味料選手権2022」では、「ほりにしブラック」が総合第1位を受賞後に即完売! そのほかの入賞商品も連日売り切れが続出し、各調味料メーカーが嬉しい悲鳴を上げる盛り上がりを見せました。2023年3月7日に開催した特別企画 「第1回ドレッシング選手権」では、全国から91品のドレッシングがエントリー。テレビをはじめさまざまなメディアに多数取り上げられ、個性豊かな調味料の数々に大きな注目が集まりました。

■調味料選手権公式HP:https://www.vege-fru.com/contents/hp0057/index.php?CNo=57&No=121

調味料選手権 主催:一般社団法人 日本地方創成協会
運営:一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会

■一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会について

創 立:2001年8月7日
理事長:福井 栄治
所在地:東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7階
事 業:野菜ソムリエの資格提供と育成、各種講座やコンテンツの企画開発・提供
URL :https://www.vege-fru.com/


基本の調味料「さしすせそ」(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)から、ご当地ものや輸入ものまで、あなたの“推し”調味料を教えてください。

みんなが 記事を読んで、
どんなことを考えたか知りたい方はこちら
※ログインが必要です

コメントを見る・読む

Myページの「ニュース部」からコメントを
閲覧・書き込みいただけます

ママカレキャンパスは、誰でも見られるオープンメディアです。 ニュースという形で、ママが必要とする情報をお届けします。

ログインしていただくと、ママ同士で盛り上がれる多彩なコミュニティに参加可能です。ぜひママカレに参加して、すべての機能をお楽しみください!

×