高岡市の取り組みが画期的!「新しい古紙再生」が市長の名刺に

クリエイティブスタジオROLEが、高岡市と共同して新たな消費循環のあり方を考えるプロジェクトに挑戦しています。その内容とは?

印刷の工程で出る「ヤレ紙」を再利用!

チラシ、パンフレットやポスターなど一般的な印刷製造の際に必ず発生し、廃棄されてしまう『ヤレ紙(品質保持のための調整用損紙)』を、廃棄せずにそのまま上書き印字して市役所職員の名刺や封筒へと生まれ変わらせました。

『自分のまちで出たゴミを、全て資源として利活用できないか』という独自の考え方のもと、一般的な古紙再生とは少し違う、伝わりやすい環境行動の一つとして市民へメッセージを届けるため、富山県高岡市で10月から本格的な配布が始まります。

損紙となってしまう大量のヤレ紙がテーマ

印刷品質を安定するためのプロセスとして避けられない、テスト印刷段階で発生してしまう「ヤレ紙」を回収し、上から塗りつぶすことで名刺や封筒として再活用。元々印刷されていた印字もあえて少し残すことで、「わかりやすい・つたわりやすい」アップサイクルをデザインし、環境行動と生活の距離感がより身近になることを目指します。

どうしても避けられない?印刷工程でヤレ紙が必要な理由

家庭用プリンターや業務用レーザープリンターを使う際、1枚の印刷に必要な紙は当然1枚の用紙。ただしチラシや広告など、大量に印刷する際に使用する「オフセット印刷」という方法では、①CMYKのインク4色それぞれの『版』の位置を調整する ②刷り初めのインク量を安定させる ③狙っている色の微調整をする、など品質を安定させるために、最初からヤレ紙を準備して製造しています。必要なチラシが数百枚でも数千枚でも、必要なヤレ紙の量は大差がなく、日々全国で大量の紙束が廃棄されています。

「エコ=再生紙」以外にも、資源循環の選択肢を

古紙を再生する際の工程に大量の水を使用することや、用途によっては白色度を高めるために相応の薬品が必要になるなど、リサイクルすること自体が環境負荷につながることから、2000年代以降は大手製紙会社が古紙100%の再生紙製造を廃止する等、再生紙のあり方を見つめ直す時代にあります。

ただし、高岡市でも再生紙を併用しているように、このプロジェクトはリサイクルそのものを否定するものではなく、環境行動に対してこれまでとは違ったアプローチから関心を高めることに繋がればと考えています。

印刷物の隅に『この紙は〇〇%の再生紙を使用しています〜』というメッセージよりも、もともと印刷されていたものの気配をあえて残すことで、資源の循環をより意識できるように工夫した実験的な試みです。

ヤレ紙再生が全国で容易におこなえない理由

名刺や封筒以外にも、包装紙・紙袋など、ヤレ紙の活用方法はたくさんあるにもかかわらず、なぜ一般的にこのような事例が容易に出てこないかというと、最もシンプルな理由に『権利問題』があります。印刷物に掲載されている商品やサービスには著作権や肖像権が関係し、印刷所がクライアントの印刷物から発生したヤレ紙を使用することは難しく、積極的にそれをおこなっている印刷所はほとんどありません。

市の発行物なので、市が独自にリサイクル

クリエイティブスタジオROLEは2022年の秋に開催した再生古着ブランドの展覧会「ROLE YOURS」の案内状でヤレ紙を使用したデザインでPRしました。

ROLEでは普段からヤレ紙を有効活用する方法を印刷所などへ相談し模索していましたが、上記権利問題などが障壁となり、大きなアクションへつなげることに苦戦をしていました。

高岡市が取り組むこのプロジェクトでは、「市の公式な発行物であれば権利関係は市で管理できるので、ヤレ紙を利用して再び市の印刷物に転用ができるのでは」という視点から、職員名刺に採用してみようとスタートすることになりました。

市のプロジェクト担当は高岡市未来政策部 未来課の係長・鈴木亮平氏。初期段階は名刺のみの予定であったところに、「環境イベントや来年の20歳の集いで配布する封筒も作り、若者世代へ訴求するのはどうか」と積極的な意見が出ました。

紙の種類、柄、厚さもバラバラだけど、なんだか愛せてしまう可愛い名刺や封筒たち

ヤレ紙名刺・封筒の原料自体が、高岡市が発行したポスター・パンフなどのため、デザインはもちろん用途や仕様がそれぞれ違います。それをあえて同じルールで元々の印字面を部分的に塗りつぶしてしまうことで、別のツールとして生まれ変わります。縦横から少しだけ除いている“もともとの印面”が逆に面白く、つい色んなパターンを探してみたくなります。通常は廃棄処分されてしまう紙たちを、ほぼそのままの状態で再利用するからこそ、そこに新たな魅力を発見できます。

カレンダーの裏紙など、“我が家のヤレ紙”の活用法を教えてください!

みんなが 記事を読んで、
どんなことを考えたか知りたい方はこちら
※ログインが必要です

コメントを見る・読む

Myページの「ニュース部」からコメントを
閲覧・書き込みいただけます

ママカレキャンパスは、誰でも見られるオープンメディアです。 ニュースという形で、ママが必要とする情報をお届けします。

ログインしていただくと、ママ同士で盛り上がれる多彩なコミュニティに参加可能です。ぜひママカレに参加して、すべての機能をお楽しみください!

×