【前編】「事務局スタッフの会議室トーク」

ママカレ事務局

ゼミでは、それぞれどんな風に交流してる?

「ママカレ運営だより」は週1回、前編・後編に分けて、ゼミの近況や話題になっていること、気になる動き、またそれらについての感想や気づきなどを、事務局スタッフがリポートしていきます。

毎回前編は、「事務局スタッフの会議室トーク」をお届けします。Aさん、Bさん、Cさんの事務局の女性スタッフ3名が、直近2週間のゼミの活動状況を振り返ります。事務局スタッフの目線から見るゼミの近況について、ざっくばらんなトーク形式でお伝えします。

スタッフA

Aさん:お子様のいらっしゃる方にとって、忙しい夏休みがようやく終わる頃ですね。通常運転に戻られたママも多いのではないでしょうか。「今年もあと4ヶ月」と振り返る時期ということもあり、このタイミングで「新しく何か始めたい」、「次のステップへいきたい」と考える方もいらっしゃるようですね。

スタッフB

Bさん:そうですね。夏休み中に比べ、自分の時間が取れるようになるので、そんな風に考える機会も増えるのかもしれません。ぜひ、ママカレの特色あるゼミを覗いてみていただきたいですね。そういう方にとっても参考になるかもしれませんが、先日「ゼミ内ではどんな風に交流しているの?」という質問をいただきましたね。

スタッフC

Cさん:はい、ママカレに興味を持っていただいているものの、まだ参加を迷っている方からの質問でしたね。確かに、ママカレの各ゼミはFacebookの非公開グループにて活動を行っていることもあり、実際に参加してみないと、そのゼミ内の詳しい様子まではわかりません。Facebookグループからゼミに参加申請するという入口こそ同じですが、そこからはゼミによって進め方、交流の仕方が異なりますね。

スタッフA

Aさん:ゼミ生の方がより楽しめるように、そして学びを深めていただけるように、ゼミの内容に合わせた進め方や交流の仕方を、講師の方が創意工夫してくださっています。これもママカレの特徴のひとつですね。Facebookグループの投稿欄をベースに文字でやりとりするゼミもあれば、音声メッセージを配信するゼミ、さらにZoomを使ってオンライン交流会を定期的に行うゼミもあります。

スタッフC

Cさん:一つひとつが個性豊かで、同じものがないっていうのが良いですよね。ゼミを探す場合は迷ってしまうかもしれませんが(苦笑)。すでにゼミに参加していただいている方にとっても、他のゼミがどのように交流しているか、っていうのは気になるところでは?

スタッフB

Bさん:そうですね。現在のママカレは試用期間となっていて、2021年12月10日までのサービス。参加無料だからこそ、気になる他のゼミを気軽に覗いてみるのも良いかもしれませんね。ゼミ生の中には、複数のゼミを掛け持ちしてご参加いただいている方もいらっしゃいます。

スタッフA

Aさん:確かに、ゼミ参加にハードルの高さを感じている方は、まずは「どんな風にどんなことをしているのか覗いてみる」っていう気軽な気持ちで参加してみるのもアリですね。あとこれは大きな声では言えないのですが(笑)、ゼミを退会したときに「○○さんが退会しました」とゼミ内に通知されることはありません。他のゼミ生の方に自分が退会したことがわからないので、一度参加したら辞めにくい、ということも軽減される気がします。

スタッフB

Bさん:各ゼミ内でどのように活動しているかについては、ママカレのホームページの「読み物をよむ」ページで公開している「ゼミ講師紹介」の記事でも紹介していますので、ぜひこちらもご覧いただけたらと思います。