忙しいママのための“頑張らない料理”の伝道師!

遠藤香代子(料理家)

「毎日の料理が苦痛」、そんなママを応援したい!

遠藤ゼミでは、Facebookグループ内で「レシピにならない簡単レシピ」を投稿し、ゼミ生の皆さんとコミュニケーションを取りながら活動しています。「その場ですぐ覚えられて、あっという間に我が家の定番になったよ!」っていうママ同士のおしゃべりの延長みたいな情報交換、そんなイメージです。

毎回テーマを変えていて、例えば「まずは食材の重さの1%の塩を振ってみよう」という回では、肉や魚、野菜を使いアレンジしたレシピを紹介。「うちはコレで作ってみたら家族から好評だった!」というコメントや投稿をいただけると、ほかのゼミ生の参考になって、レパートリーもさらに増えていきます。こうしてたくさん枝が拡がっていったら素敵ですね。

バタバタと忙しい中で、日々たくさん悩み、葛藤もある。そんなママに“頑張らない料理”のヒントをお伝えしたいと思っています。「毎日の献立を考えるのが面倒」、「市販の素を卒業したい」、「スーパーのお惣菜に頼りがちだけど、本音は家族の健康を考えて料理したい」。そんなママに「大丈夫!」ってポンと背中を押せるような、簡単・美味しい・ヘルシーな料理のコツを今後もシェアしていきます。

“ちょい足し薬膳”を続けています

7年の不妊治療を経験し、有り難いことに元気な男の子を授かりましたが、緊急帝王切開で出産。その後、自分でも驚くほど体力が低下し、体調が優れない中での子育て。笑顔で元気に年を重ねていきたいと、息子の小学校入学を機に、本格的に薬膳を学び始めました。

とは言え、ずぼらで体力もないわたし。簡単で、気軽に毎日取り入れられる“ちょい足し薬膳”を実践しています。そのひとつが、毎日の料理にちょい足ししている、黒きくらげ。気血を補い、疲労回復や免疫力アップ、骨粗しょう症予防に効果的なビタミンDが豊富で、わたしは“食べる幸せホルモン”と呼んでいます(笑)。

乾燥黒きくらげを水で戻し、沸騰したお湯で2分茹でて冷凍。使いたい時に凍ったままみそ汁やスープ、カレー、ラーメン、冷やし中華、炒め物、さらにみじん切りにしてチャーハンや餃子、焼売、ハンバーグ、ミートソースにも入れちゃいます! 茹でたては、わさび醤油でいただくとお刺身感覚で、コリコリ食感がたまりません。毎日の食卓に黒きくらげ、おすすめです!

ママを日々悩ませるのが、子どもの食生活ですよね。息子は乾燥肌で、水分をあまり摂りたがらないため便秘がち。これらを改善するため、納豆やもずくを食べさせたり、あとは料理の仕上げに白ごまをやたら振りかけていますね(笑)。また背も低めなので、じゃこもよく散らします。おにぎりの具もじゃこやしらす、かつお節にごま塩。彼はふりかけの存在を知らないかもしれません(笑)。

遠藤香代子さんのゼミはこちらからご参加いただけます。ぜひご覧ください!