とりあえず、やってみる

増田真梨(子ども日本茶カウンセラー)

自身と向き合って考える「ひとり時間」を大切にしています

出産を機に、ひとり時間が貴重になりました。家族や自分のためにと思って、自身と向き合い、考える時間を作るようにしています。

「自分の時間がないなー」とモヤモヤしたり、できないことを気にしていると、自分も家族も良いことがありません。限られた時間のなかで、家のことや食事作り、子どもと過ごす時間を完璧でなくほどほどにこなして、毎日を楽しく過ごすのが良いと思っています。

また、夜寝るときには、子どもたちに「今日も楽しかったね」と声をかけています。

心の持ち方次第で、たとえその日が60点の出来だったとしても、80点くらいの気分になります。

まずは「やってみたい」という気持ちに従ってみる

「気になるな~」、「やってみたいな」ということって、今始めなくても、ずっと心に引っかかっていたりするものです。

「もう少し準備をしてからにしよう」、「いつか良い時期が来た時に……」とどんなに思っていても、自分が一歩を踏み出さなければ、その時は永遠に来ないかもしれません。

びっくりするくらいの準備不足でも、始めてみたら意外と何とかなることって多いかも。やってみたいという気持ちと、続ける努力が大切だと思います。

増田真梨さんのゼミはこちらからご参加いただけます。ぜひご覧ください!